もっとうまく書くコツ
もっとうまく書くコツ

ここでは、「本のせん文」を
うまく書くためのコツを
紹介していくよ。
まずは、「お気に入りの一冊
あなたへ作文コンクール」の
3つのポイントのおさらいから。

コンクールの3つのポイント ポイント1 選ぶ本は、物語や図鑑などなんでもいい! ポイント2 〝誰に〟すすめたいか考えて書こう! ポイント3 推せん文は、250〜300字の短い文章で!
コンクールの3つのポイント ポイント1 選ぶ本は、物語や図鑑などなんでもいい! ポイント2 〝誰に〟すすめたいか考えて書こう! ポイント3 推せん文は、250〜300字の短い文章で!
審査員「ひきた先生」の読書推せん文を書くコツ
審査員「ひきた先生」の読書推せん文を書くコツ
文章がうまくなるコツは、
大好きな人や気になる人に向けて書くことです。
誰だって好きな人へのラブレターは一生懸命書くよね。
このコンクールはあなたの好きな本をあなたの好きな人に「この本、読んでほしい!」という思いを伝えるもの。
だから「読書感想文」ではなくて「読書せん文」なのです。
それでは、書き方をわかりやすく説明していきます。
お気に入りの一冊を選びます
お気に入りの一冊を選びます

「お気に入りの一冊」は、小さい読んだ絵本、今熱中している物語、大好きなマンガや写真集、大事にしている、歴史書、のシナリオ。出版されている本ならなんでもかまいません。これまで読んだ本の中で一番のお気に入りをしましょう!

本をすコツは、「どうして好きなのか」がはっきり言えること。
主人公がステキだから。じーんときたから。見たことのない動物の写真がたくさんのっているから。し絵がきれい。自分が熱中しているスポーツの本だから。デザインが好き!
いろいろあるよね!

※教科書、副読本、テキスト類、新聞、雑誌(別冊付録を含む)、
パンフレット類及び、日本語以外で書かれた図書は対象としません。
※電子書籍は出版された印刷書籍を電子ファイル化したものに限ります。
特定の「あなた」を選びます。
特定の「あなた」を選びます。

あなたのお気に入りの一冊を読んでほしい人は、おかあさん、おとうさん、友だち、ライバル、くなったおばあさん、時代の人、地球をっている宇宙・・・
生きている人でも、の人でも歴史上の人物でも動物でも大丈夫
いろいろ考えてみてね。

選ぶコツは本を選んだ理由と、この人を選んだ理由がぴったり
合うこと。

毎日しいおかあさん。だから、この本を読んでゆっくりしてほしい。
いつもってばかりいた信長。だから、この写真集で心を静めてほしい。
いろいろ組み合わせると楽しいよね。

文章を書きましょう。
文章を書きましょう。

書くのは250字から300字。けっこう、字数が少ないのです。
「あらすじ」ばかり書いていたら相手にこの本をせんした理由が書けなくなってしまいます。
私はこんなところがいいと思った。あなたにも、こんなふうに役立つと考えた。
だからこの本を読んでほしい。
相手に「この本、読みたい!」と思ってもらえる文章を書きましょう!

書き方のコツはいつもの「読書感想文」を忘れて、あの人に手紙を送るような気持ちで書くこと。
あの人のことを思いながら、この本の魅力紹介する。
あなたの文章を読んで、相手が読みたくなるように書きましょう。

誰か特定の人に向けて
文章を書いていく。
その人の心を動かすように
その人の行動をうながすように
文章を書いていく。
書けるようになれば、
あなたの文章は
必ず上達します。


さあ、お気に入りの
一冊をあの人に
せんしましょう!
ひきたよしあき プロフィール
ひきたよしあき プロフィール

コラムニスト。
明治大学で教鞭をとるかたわら、朝日小学生新聞にコラムを連載、読者である子どもたちとの文通も行っている。
著書に、「大勢の中のあなたへ」(朝日学生新聞社)、「5日間で言葉が『思いつかない』『まとまらない』『伝わらない』がなくなる本」(大和出版)等。