もっとうまく書くコツ
もっとうまく書くコツ

ひきたよしあき先生の
「読書せん文教室」
3冊の中から1冊を選ぼう
まず、本の選び方を考えてみましょう。

「お気に入りの本を一冊」と聞いて、
あなたは「あの小説にしよう!」
「このがお気に入り」と
もう、すすめたい本を選んでいるかもしれません。

でも、ここで聞いてほしい話があります。

私が小学校3年生のときに学んだ
「本の選び方」です。

担任の先生が、

で本を借りるときは、
う種類の本を3冊借りなさい」

と教えてくれました。

「え? 読みたいのは日本の歴史なのに」

と思ったのですが、
宇宙」、
「ピラミッドのひみつ」と
これまで興味のなかった本も選びました。

先生に

「どうしてその本を選んだの?」

ねられて、

宇宙の本は、表紙がきれいだから。
ピラミッドは、洞窟の中がそうだから」

と答えると、
先生はとってもほめてくれました。

本は新しいとの出会いの場です。
「いいな」と思った理由は、
な感想じゃなくてもいい。
イラストがかわいいでも、
字が読みやすいでもかまいません。

3冊の本を選んだ理由を
説明できるようになると、
本を選ぶ力がついてきます。

さらに、その3冊の中から一番
お気に入りの本を選ぼうとすると、

「他の2冊に比べてどこが面白そうだと思ったから」

と、しながら説明できるようになります。

本を上手に選ぶところから、
読書の楽しみは始まるんだよ。

さぁ、今手にしている1冊に加え、
あと2冊、好きな本を探してみよう。
きっと面白い出会いがあるはず。
ワクワクしながら、本を選びましょう!
ひきたよしあき プロフィール
ひきたよしあき プロフィール

コラムニスト。
明治大学で教鞭をとるかたわら、朝日小学生新聞にコラムを連載、読者である子どもたちとの文通も行っている。
著書に、「大勢の中のあなたへ」(朝日学生新聞社)、「5日間で言葉が『思いつかない』『まとまらない』『伝わらない』がなくなる本」(大和出版)等。